後悔した買い物を「将来価値」に換算すると余計に後悔できる

2016.11.30

先日、ビジネス用の羊革グローブを買いました。ええ、色はもちろんワインレッドです。

で、後日濃紺色のスーツ用コートを着て、併せてグローブをはめてみたわけですよ。

・・・当然似合わないわけですよ。

つまり、完全に余計な出費だったわけです。

購入した金額ですか?

22,680円です。結構高額です。

そこで、今回はこの失った22,680円について、じっくり考えてみました。

将来価値で換算してみた

確かに、現時点では22,680円の損失です。

しかし、この額は完全に余計な出費であり、仮にこの額を米国株に投資した場合、潜在的に失ったお金はもっと多いハズ。

そんなわけで、22,680円を年利回り10%の米国株に投資したシュミレーションを行いました。その結果が、次の表です。


価値(円)年数(年目)年齢(歳)
22,260137
24,486238
26,935339
29,628440
32,591541
35,850642
39,435743
43,378844
47,716945
52,4881046
57,7371147
63,5101248
69,8611349
76,8481450
84,5321551
92,9861652
102,2841753
112,5131854
123,7641955
136,1402056
149,7542157
164,7302258
181,2032359
199,3232460
219,2552561
241,1812662
265,2992763
291,8282864
321,0112965

なんと、自分が65歳になる29年間運用した場合321,011円にもなっていました。

つまり、将来価値という視点では、321,011円をドブに捨てていたのです。

まとめ

誰しも、買い物で後悔したことが一度や2度はあるはずです。

そんなときには、浪費したお金を「将来価値」に換算してみましょう。

後悔とともに、節約しよう!という気持ちになるかもしれません・・・

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿